あなたに秘められた能力の扉を開き、響かせ、輝かせます。

全開記憶術

  • 記憶の苦い思い出
    • 社会の歴史年代、歴史人物名、国語の小説家などの人名の
      記憶に悩まされませんでしたか?

      得意だったですか?

      私は、大の苦手でした。

      当時は、無味乾燥と思われた歴史年代、歴史人物名、
      国語の小説家などを覚える時間をとられなかったら、
      どれほど、もっと効率良く勉強が出来たかと思っています。

      数学、理科、英語等の理数系は得意だったのですが、、
      社会、と国語などの暗記では、総合で何十点と落としていたと思います。

      それは、高専でも変わりませんでした。

      平均で80点を切ったのは、高専時代の一度きりだった
      のですが、数学、理科、英語などでは、90点台をとって、
      社会、国語の70点台をカバーするというようなスタイルでした。

      ・・・

      そんな記憶に関する苦い思い出の中で、

      20歳で高専を卒業した約一か月後
      渡邉剛彰著の『記憶術』の本との劇的な出会いが訪れました。

      『記憶術』の存在を知った時、「まさかこんなものが世の中にあるとは!」
      絶句でした。

      中学高専時代の記憶に使った時間は、貴重な人生の時間を
      浪費してしまったという痛恨な思いが押し寄せました。

      「記憶に使った浪費の時間を返してほしい!」と叫びました。

      これを、せめて中学生で知っていたら、人生が変わっていたと
      思います。

      渡邉剛彰先生が、3か月の勉強で、六法全書を記憶し、
      司法試験に合格されたことは事実です。

      早くから記憶するという術『記憶術』を使いこなせるようになって
      いれば、私自身も、渡邉先生のように、術を何かに活用することが
      出来た可能性が充分にありました。

      『術』というを身に付けることは素晴らしいことだと思っています。

      私は、古武術ではありませんが、『空手』を3年間やり、黒帯
      (初段)をとったので、術を身に付けることの凄さが良く分かります。

      そして、『術』は、自転車に乗るのと同様で、一度身につけると、
      歳をとっても、ずっと、使うことが出来ます。

      そんな気持ちで、筆字、お絵かき、楽器演奏なども、『術』として身に
      つけようと最低の10級からと思いながら、日々すこしずつ黒帯目指
      して挑戦しています。(^_^)。

      『絶対記憶』という商品は、いつか記憶術をマスターして頂くことを
      夢に描きながら開発して参りました。

      その時が、今、やっと到来しました。

  • 1ノットは、時速 何メールか御存知ですか?
    • 数字は覚えられないというのが通常です。

      でも、イメージは、永続的な記憶が可能です。
      (七田式では、右脳は左脳記憶の100万倍の記憶能力が
      あると言っています。)

      たとえば、船のスピードを現すノット という単位があります。
      これが、『1ノット=1852m/h』という数字なのですが、
      数字なので何度聞いても忘れてしまいます。

      覚える為には、記憶術を知るまでは、1852、1852、・・・と
      何度も書いて覚えていました。

      そのため、覚えれたのか、どうかも、いつまでも確信が
      持てません。テストに出れば、ほぼ、NGです。

      それが記憶術を活用すると、どうなるかというと、
      数字変換表を使って、2桁の数字を一枚のイメージとして、
      『1852』だと、『18』と『52』の2枚のイメージとします。

      そして、その2枚のイメージを連結法で、連結して一つの
      イメージにします。

      具体的には、
      『18』は、数字変換すると、『アヤメ』(花の名前)となります。
      『52』は、数字変換すると、『中指』となります。

      その二つの絵を、想像(創造)たくましく、ビビッと連想結合して
      一枚の絵にします。

      私が想像した『1852』のイメージは、
      「アヤメが中指を立てて、さっとうと船に乗っている」シーンです。

      現実は有り得ないのですが、心にビビッと残るようなイメージが
      長期記憶を更に支援します。

      このようにイメージで覚えた状態で、

      「1ノットの速度は、いくらですか?」と聞かれると、

      すぐに、さっそうと船に乗っている
      「アヤメが中指を立てているイメージ」が浮かんで、

      『1852』とイメージから、数字に戻すことができて、
      『1ノット=1852m/h』と回答が出来るようになります。

      復習する時は、「アヤメが中指を立てているイメージ」
      が出てくればそれで記憶したという確信が持てます。

      数字変換法は、記憶する術のひとつですが、
      そうやって数字とかすぐに忘れてしまうものも、
      イメージに変換するということで、長期記憶を実現して行きます。

      理論は分ってしまえば、簡単そうでもあるのですが、
      『術』として使うとなると、 私が使えそうだと実感できるまでに
      30年近く掛かったように、マスターするツボがあります。

      (なぜ、こんな期間が掛かったのか、明日、ご説明させて下さい。)

      マスターするツボをお伝えしながら、楽しく『記憶術』を古武術の
      ように、一緒に楽しく身に付けていきたいと考えている次第なのです。

  • 『記憶術』の理論は分かっても使えなかった30年
    • 理論は分ってしまえば、簡単そうでもあるのですが、
      『術』として使うとなると、

      私が使えそうだと実感できるまでに
      なんと、30年掛かりました。

      昨日、

      『18』は、数字変換すると、『アヤメ』(花の名前)となり、
      『52』は、数字変換すると、『中指』となると書きました。

      それは、どうしてかと言いますと、
      数字に、
      『1』はア行、
      『2』はカ行、
      『3』はサ行、
      『4』はタ行、
      『5』はナ行
      『6』はハ行、
      『7』はマ行、
      『8』はヤ行、
      『9』はラ行、
      『0』はワ行
      の文字のイメージ(絵)を当てます。

      ですので、『18』では、『1』はア、『8』はヤとなるので、
      『アヤメ』は、『18』を顕す数字となるわけです。

      また、『52』では、『5』はナ行、『2』はカ行となり、
      『ナカ(中)指』は、『52』を顕す数字となるわけです。

      『数字変換』のルールは分かってみると簡単なのですが、
      それが、いざ実践してみようとすると、なかなか出来ません。

      なぜ出来ないのか、分りませんが、出来ません。

      それが30年続いたのです。

      ・・・

      それが出来ると感じることができたのは、
      2003年に、高速でイメージをフラッシュしてくれる
      『絶対記憶』が完成し、

      第一ユーザーとして、私自身が40日間のトレーニング
      した後でした。

      特に、絶対記憶のトレーニングの中に、
      『文字』をまず最初に見て、その後、その文字を顕していた
      『イメージ』を脳内で想起する項目があるのですが、
      これがかなり効果的でした。

      40日間が終わった後、脳内でイメージを思い浮かべようと
      すると、すっと、そのイメージが浮かぶのです。

      更に、種類の異なる二枚のイメージを連想して結合しようと
      すると、脳内で一枚のイメージに合体できるのです。

      これは、人生で初めて経験する『脳内のイメージ力』でした。

      その時です。
      これで、『記憶術』が使えるようになると確信を持ちました。

      絶対記憶は、イメージ力UPの内容を伝えるのが
      難しいために、6000単語の単語記憶ソフトのような感じに
      なっているのですが、

      絶対記憶が皆さんに貢献できる価値は、
      この『イメージ力UP』の効果だと思っています。

      そのイメージ力UPは、
      絵心のUPでもありますし、人生を描くビジョン力のUPにも
      繋がっています。

      それから、9年。

      車を運転しながら、4ケタのナンバープレートを見ながら、
      記憶術の訓練をしておりました。(^_^)。

      楽器演奏、文字の練習、お絵描き、多言語学習、言霊の学び
      などを通じて、身に付けやすい脳力全開的記憶術、

      全開記憶術』を思考し続けて来ました。

      今回の『全開記憶術』の講座では、
      こうやって39年間で克服してきた『記憶術』を出来るだけ
      分かり易くお伝えして、学ぶだけでなく、活用『術』として、
      身に付けて頂きたいと思っております。

      身に付けて頂くまで、支援する覚悟です。

      インターネット上にメーリングリストの教室も開きますので、
      オリンピックのように刺激し合いながら、身に付けていきたい
      と思っています。

ソチオリンピックは、様々なドラマを与えてくれました。

それぞれで共感されたところは異なると思います。

私自身は、リレハンメルの悲劇から20年…"レジェンド"葛西紀明の
生き様に一番感銘を受けました。

アスリートだけでなく、自分の持ち場でのキン(金)メダルは、
日々の勤(キン)勉から生まれると信じています。

◆/『全開記憶術』講座のご参加のお誘い/いつでも講座開始。

私は、20歳の時に、渡邉剛彰さんの記憶術の本に出会って
脳力開発の世界があることを知りました。

何と、39年後の今、渡邉剛彰さんの記憶術を90万人に
販売されて来た老舗であるフローラルアートさんの方から
弊社の『脳力全開』教材に関心を持って下さり、御縁が
出来ました。

実は、12年前に一度こちらから販売の声を掛けていたの
ですが実らなかったところだったのです。

フローラルアート様から連絡が入るということは、
12年後の奇跡的な出来事でした。

【((株))フローラルアート】
http://www.nfa.co.jp/

皆さんも、一度は、全国新聞などの一面広告として
『東京カルチャーセンター』の名称で、大きく宣伝している
『記憶術』をご覧になったことはないでしょうか?

その会社が、(株)フローラルアートです。

私は、脳力全開のユーザー様に脳力全開のために、
身に付けて頂きたい秘術の一つが、『記憶術』と考えて来ました。

弊社が、一から記憶術の教材を作ることは、相応しくないと
思っていたところ、何と、フローラルアートの『記憶術の教材』を
弊社のユーザー様に特別に卸しても良いという許諾を頂いたのです。

フローラルアートさんとしても、始めてのケースだということです。

*現在、契約書のチェックが終わり、来るのを待っているところです。

【フローラルアート様の記憶術HPです。】
http://www.kiokujutsu.net/

39年間、記憶術を多くの人が活用することの素晴らしさを
夢見て来ました。

『記憶術』を、脳力全開のユーザー様にご提供し、その夢を
実現する時が与えられたと大変に嬉しく感じています。

人は歳をとっても、実は記憶する能力は、落ちません。
ただ、記憶した事柄を引き出すことができなくなっているのです。

記憶術は、若い人から、お年寄りまで活用できるものです。

方法論は、聞いて見ると簡単なのですが、身に付けるには、
ちょっとしたテクニックが要ります。

そこで、教材自体は、フローラルアート様から卸して頂いて、
39年間で身に付けるために努力して来たテクニック、ノウハウを
弊社が皆様が完全に身に付けられるまでフォローさせて頂きたいと
願っています。

この教材を活用しながら記憶術の講座を始めたいと思っています。
完全にマスターできるように、基本となるトレーニングを実践しながら
フローラルアート様開発の教材を活用して参ります。

◆/費用/

34,167円(税込)
マスターまでの完全サポート付

【ご提供内容】

弊社独自の21日間の完全マスター基礎訓練講座
3万円相当のフローラルアート様から卸の『記憶術』教材
基本的に、資格取得コース教材(約3万円のもの)
http://www.kiokujutsu.net/jm.html

菊池所長の39年間の記憶術マスター克服の経験を
踏まえて、必ず、マスターされるまで、フォロー致します。

【講座のご提供方法】

毎朝6時に、講座メールを配信し、そのメールに
動画のアドレスが記載されています。

その動画アドレスをクリックすることで、いつでも、
どこでも、学んで頂けます。

学びの時間は、1日10分ほどです。

【支払方法】

カード払い一括、分割払い、弊社直接の分割払いなど
支払方法については、柔軟に対応させて頂きます。

ぜひ、ユーザー様にマスターして頂きたい術でございます。


このメールへの返信で届きます。
To:service@g-labo.co.jp
全開記憶術講座』 参加申し込み返信メール
氏名:


もし、住所等が登録時より変更になっている場合には、
記載下さると幸いでございます。
【新住所】






a:1005 t:1 y:0

powered by Quick Homepage Maker 4.78
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional