あなたに秘められた能力の扉を開き、響かせ、輝かせます。

夫婦愛

元に戻る

◆/宇宙が与えてくれた最大の美しい愛は、『夫婦愛』/

結婚 夫婦の愛は宇宙の全陽性と宇宙の全陰性との永遠の交わり

宇宙最大の素敵な原理は、『夫唱婦和』(ふしょうふわ) 
『夫婦愛』(めおとあい)だと更に確信を得る学びをしています。

現実の社会では、お金がなくなって離婚せざるを得ない状況に追い込ま
れたり、経済格差で生活費を稼げなくて、結婚できないという状況がある
と理解しています。

私も経営しながら、そんな気持ちに追い込まれた体験もしています。

ただ、いろいろと追及して、古代の事なども調べると、

一人の男性と一人の女性が結婚による『夫婦愛』で結ばれること
それが自然の法則、宇宙の法則として、当たり前に行われて
いることが分かりました。

一夫多妻では、本当の結婚愛を感じることは出来ないと
イマニエル・スエデンボルグの書かれた『結婚愛』の書物の
中には、明確に書かれています。

『日月神示』(中矢伸一著、徳間書店刊)の中でも、
======================

夫婦と家庭が出発の港

イザネギ・イザナミの、神代の昔より、夫婦というものは存在している。
夫婦とは、陰陽和合の体現である。ただしき、神界の写しである。

そもそもなぜ、結婚というものがあるのか。

制度上の結婚ならいざ知らず、一組の男女が一つに和して家庭を築くのは
、神意であり、この地上を天国化する上での最小単位である。

結婚には、陰と陽とが和合して、地上に神界さながらのミクロの世を
顕現するという大目的がある。

理想的な夫婦の姿とは、お互いにこの結婚の大目的を理解し、お互いに

心の中で拝み合い、気付け合い、励まし合いながら、身魂磨きや

霊性の向上に日々努めるべきものである。

「愛は養わねばならん。夫婦は命がけで、お互いに築き合わねばならんぞ。
夫婦愛はあるのではない。築き上げねばならんぞ。生み出すのじゃ。
つくり出すのじゃ。そこに尊さあるぞ。喜びあるぞ。」

======================

「お金がなくて結婚が出来ない」という最近の風潮に、そうだなと
思っていましたが、戦時後の貧しい時とかを考えると、 
貧しいながらも夫婦で力を合わせて、四畳半のミカン机の食卓から、
結婚愛を育みながら苦労を共にして、結婚愛(夫婦愛)をふかめ
ながら清冨にもなっていく生き方の方が大切なのだと考えを改め
ました。

貧しくても二人で愛し合って、頑張っていけば、日々一歩一歩
清冨になっていけます。

ヒトは、おヒ様のヒカリ(光、火、エネルギー)と
ヒカリ(霊駆り、プラスの言霊)を受けて、
人生を成し遂げるのに、ヒツヨウなヒ(火、エネルギー)を補充します。

生活にヒツヨウなヒヨウは、かならずヒキツケる、『ヒ』の宇宙の
原理が働きます。『ヒ』の言霊が働きます。

『夫婦(めおと)愛』を育み、幸せになって参りましょう。

夫婦愛の顕し合い方

この自然には、千態万象の変化美しさがあると言ってきましたが、

実はそれ以上に、夫婦の愛、家族の愛にこそ、
千態万象の無限の愛の姿があるように感じております。

一度結婚すると、夫と妻という関係から、抜け出せず、
夫は、妻に、「おい。お茶。」「風呂」「新聞」とか、使用人のように
使ってしまうところがありますが、

結婚後こそ、夫は、陽性(宇宙の男性のすべての要素の塊)であり、
妻は、陰性(宇宙の女性のすべての要素の塊)なので、

夫は、時として、妻に対して、
お爺ちゃんになったり、お父さんになったり、夫になったり、
お兄ちゃんになったり、弟なったり、息子になったりと、
男性の要素(美)を、

毎日、妻の状況に合わせて、表現していけば、
毎日の夫婦の愛は、自然界の美以上に、千態万象の美を
表現していることになり、それは楽しい生活となることでしょう。

妻は、これと逆で、夫に対して、
お婆ちゃん、お母さん、妻、お姉さん、妹、娘になったりと、
女性の要素(美)を、毎日、夫の状況にあわせて、表現してあげると、
夫は感動して仕事を3倍こなしてしまうかもしれません。

毎日が新鮮で変化に富んで楽しくなります。
人生という舞台で、オペラのようにどういう声を出して、演じるか、
明日はこう演じて見ようと毎日違った芝居をすると夫も子供も
それは楽しみ喜んでくれると思います。

「おはよう」の一言でも、オペラ風、吉本喜劇風、歌舞伎風と
様々な声の出し方があり、多言語で言えば、
更にバリエーションが増えます。

とにかく、何でも無限の表現方法があります。

妻が精神的に疲れているようであれば、
夫はお爺ちゃんのようになって人生を語り、
妻がパーマに行って髪型を綺麗にしてきたことが分かると
初めて出会ったときのように夫として愛を表現し、
こちらが疲れているときは、息子のように甘えて、
膝枕をしてもらったりと、

毎日、宇宙の半分の男性と女性が、太陽と地球、地球と
月のように、回りあいながら、様々な軌道上を動き回り、
千態万象の美しさを現して生きれば、本当に楽しい毎日
の生活になると思います。

"家族には、植物、動物以上の千態万象の変化する喜びの
生活がある。

"デジ速的に言えば、それを表現する基本が、"音声"ですので、
"愛しているよ""綺麗だね""お疲れ様"とか
心の篭った語り掛けが、愛を深めてくれます。

そのような父母の後姿を見て育つ子も多分、
感情の豊かな子として育ってくれるように思います。

元に戻る

a:969 t:1 y:0

powered by Quick Homepage Maker 4.78
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional