あなたに秘められた能力の扉を開き、響かせ、輝かせます。

高速イメージ音読

/高速音読はどこまで可能か?/

私の他の文章の実験でも、
===========================
3倍速以上は可能のようです。
===========================

そして、3倍速以上など 高速音読に達した時に、
脳のワンステージアップの動きを感じます。

そして、それが、速読を手にいれることでもあります。================================================
3倍速で音読は、目が3倍速で動いている事
=> それは、3倍速の速読になっているということ。
================================================

【低速モード】
小学校二年のおたきと五郎が、 <息継ぎ>
家の外に連れ立って <息継ぎ>
遊びに出かけました。 <息継ぎ>
道に大勢子どもが <息継ぎ>
集まっているので、 <息継ぎ>
何事があるかと <息継ぎ>
立ち寄ってみますと、 <息継ぎ>
体が不自由な <息継ぎ>
一人のお年寄りが、 <息継ぎ>
財布から落としたお金を <息継ぎ>
拾うのに困っているのでした。 <息継ぎ>
二人は気の毒に思って、 <息継ぎ>
そのお金を探し集めて <息継ぎ>
お年寄りに渡しました。

【高速モード】

小学校二年のおたきと五郎が、 <息継ぎ>
家の外に連れ立って遊びに出かけました。 <息継ぎ>

道に大勢子どもが集まっているので、 <息継ぎ>
何事があるかと立ち寄ってみますと、 <息継ぎ>

体が不自由な一人のお年寄りが、 <息継ぎ>
財布から落としたお金を拾うのに困っているのでした。 <息継ぎ>

二人は気の毒に思って、 <息継ぎ>
そのお金を探し集めてお年寄りに渡しました。 <息継ぎ>

/イメージング高速音読の捉え方/

イメージング高速音読を実行することで、速読のスピードが上がります。

最初、通常のスピードで読みあげる時に、
一単語一単語が持っている『イメージ』を頭の中に
意識して描きます。

======================
言葉のイメージ化です。
======================

言葉は、必ずイメージ(絵)になります。
言葉を聴いた時、また見た時、脳内でイメージにする
と意識付けして下さい。この癖が付くと、脳の動きが
が、かなりレベルアップします。

音読のスピードは、『飛行機の滑走スピード』と思って下さい。

滑走路を走ります。

滑走路の表面の状態が、脳の動きやすさの状態です。

最初、滑走路が整備されていません。

砂利がたくさんあります。 
音読で詰まっているのは、この砂利に躓いている時です。

でも、躓いたところを何度も何度も音読していくと、
砂利が砕かれ、小石となり、やがては、無くなります。

そして、滑走路が、飛行機が最高スピードで滑走できる
理想の表面として仕上がります。

そこに、飛行機が滑走し、最高速度に達すると、飛行機は離陸します。

『飛行機の離陸』、これが『速読』にあたります。

音読の高速化が、『速読』へと 繋がるのです。

言葉、文章のイメージを脳内に描きながら
高速音読することが、高速イメージ音読であり、

その向こうには、本の文章を読みながら、『イメージ』が
脳内に浮かんで、高速に、速読出来る 高速速読の世界が
待っています。(^_^)。



a:1471 t:1 y:0

powered by Quick Homepage Maker 4.78
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional